注文住宅 家造り

最近の投稿

アーカイブ

おすすめリンク

タグ

ガラス キッチン サッシ トイレ トステム ニッチ マイホーム マンション ランニングコスト 中庭 住宅展示場 健康住宅 光熱費 収納 土地 家具 家造り 寝室 建売住宅 建築コスト 戸建て 業者 注文住宅 洗面室 火災保険 照明 玄関 税金 費用 賃貸 間取り 防犯 DIY

 

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

Posts Tagged ‘戸建て’

戸建て住宅を建てる時

12月 8th, 2012

私達が住まいを考える場合、分譲マンションにするか、戸建て住宅にするかを悩むところです。

以前は、分譲マンションは利便性で、戸建て住宅は設計の自由度で選ぶということが主流でした。しかし、最近ではそうばかりは言い切れないケースも増えてきました。マンションか、戸建て住宅かを選ぶ根拠として、私自身はマンションの場合、分譲会社が提案しているコンセプトと自分の理想が近いかどうかを考えていきます。自分が出せる資金の制限内で、利便性、居住性、周囲の環境、構造などの耐久性、住まいが目指すコンセプトがどれだけ実現しているかで選ぶことになります。つまり、最初にマンションありきです。戸建て住宅の場合は、モデルハウスはありますが、最初に住まいという物件があるのでなく、セミオーダーにしろ、カスタムオーダーにしろ、最初にあるのは、自分たちの住まいに対するコンセプトです。コンセプトをいかに住宅プランとして図面化し、さらに、建物の形として具現化していくことができるかで、選びます。つまり、自分たちの理想の住まいからの距離感が選択の根拠になります。

自分たちが住まいに対して抱くコンセプトというのは、さまざまです。或いは、コンセプト自体、曖昧なものかもしれません。ただ、漠然と自分たちの新しい住まいが欲しいというだけなのかもしれません。住まいは大変大きな買い物です。自分に合わないからと言って、すぐ、住み替えできるわけではありません。ぜひ一度、マンションのモデルルームや住宅展示場のモデルハウスを見学して、自分自身が住まいに求めるものを明確にする作業をしてみましょう。戸建住宅を選択する場合は、自分たちの理想の住まいをどれだけ理解して、忠実に具現化してくれるかが勝負になります。工務店の技術力は言うまでもありませんが、自分たち自身が理想をどれだけ具体的に語れるかが大切になってきます。これが、案外できるようで、できないのです。

Tags: ,
Posted in 未分類 | Comments (0)

どちらを選んでも、大きな責任

6月 27th, 2012

 不動産を持つということは、大きな責任を持つことになるのは言うまでもありませんが、一生、住まいを借りていくという選択肢も現実には難しい問題を抱えています。終の棲家として、自分が賃貸しているマンションなり、家なりをずっと借り続けていけるかというと、そう思うようにいかないからです。

 例えば、貸している側の問題です。貸している側がずっと現在の状況のままで賃貸経営を続けていくことができるかです。建物の耐久性の問題もあります。賃貸経営者の経営状態の悪化から手放す場合もあります。賃貸経営者自身が高齢になり、経営が困難になる場合も、死亡して、相続が生じる場合もあります。賃貸経営をやめて、居住者全員に引き払ってもらってから、建物を解体し、土地を売却するということが起こってきます。借りた人自身の問題として、高齢になって、賃貸契約を更新していくことが難しくなるというケースもあります。不動産を持つ場合と賃貸していく場合とでは、住まいに対する責任は大きく違いますが、反対に、安心度はどうでしょうか。

事前予告をしてもらって、多少の猶予期間はあるとしても、高齢になって、賃貸契約を解消するということは、経済的にも精神的にも体力的にも相当な負担があります。新天地で、新たな賃貸契約を結ぶことにもさまざまな困難が伴います。

頭金をできるだけ貯めておくことや経済状態に見合った新居を選ぶことなどで、無理のない返済をしていくことは最重要なこととはいえ、自分が不動産を持つことは、決して飛躍した考え方ではありません。一生、住まいを賃貸していくということは、不動産を持つのとは別の形の大きな責任を持つことになります。ローンがないからというような安易なことでも、気楽なことでもありません。

Tags: ,
Posted in 未分類 | Comments (0)