注文住宅 家造り

最近の投稿

アーカイブ

おすすめリンク

タグ

2019年12月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Posts Tagged ‘健康住宅’

化学物質を出さない壁剤

10月 13th, 2010

クロスを貼るときに使われる接着剤に化学物質が含まれていてシックハウス症候群の原因となっていることがわかりました。

ではそのクロスを使わないとしたら、どんなが壁材としてあるのでしょうか?

漆喰というものがあります。

山形で住宅を建てた友人はこの漆喰をクロスの代わりに使いました。

漆喰というのは昔のお城や土蔵に使われている白い壁です。

原料は石灰石です。

石灰石を高温で焼き、水をかけて発熱、膨張させます。

そうしてできたものが消石灰と呼ばれます。

運動場のライン引きに使うものと同じです。

この消石灰に水を加えて練ったものが漆喰になります。

それを左官が壁に塗っていきます。とても技術のいることです。

乾燥させてできたものが漆喰の壁になります。

漆喰には湿度を調節する効果があります。

夏の暑いときは特に湿度が一定なので涼しく感じることができます。

それに空気の清浄効果もあります。

漆喰を壁に塗った後乾燥させるために除湿機を使います。

急速に湿度を下げるので漆喰の壁の中に小さな目に見えない気泡のあとができます。

そこにたくさんの空気を蓄えていてその空気がきれいなものになって室内に充満します。

床に合板のフローリング材を使っていても、床から出る化学物質は漆喰の持つ空気清浄効果できれいな空気になります。

たばこのにおいも、ヤニももつかないというデータもあります。

肩身の狭い喫煙者も家の中でたばこを吸うことを許されるかもしれませんね。

それに、化学物質が清浄されることで鼻炎が改善されたり、ぜんそくがおきにくくなったりいうとメリットが他にもあります。

健康住宅には欠かせない漆喰の壁、混ざり物があったり、薄めてあったりするものもあるので注意してください。

Tags:
Posted in 未分類 | Comments (0)

住宅と化学物質の関係について

9月 21st, 2010

シックハウス症候群という言葉は最近よく聞くようになってきました。

これは新築の住宅に使われる建材から出る化学物質が原因で起る病気なのだとわかってきたのですが、どうしてこのようなことになったのかというと、

・  建材に使われている接着剤に含まれるトルエンやキシレンがからだに害を及ぼしている

・  壁紙のクロスを貼るのに使われる接着剤も同じく。

・  窓サッシの性能がよくなり、家の機密性が高まったため、有害な化学物質が室内に留まるようになってしまった。

などの理由が考えられます。

この化学物質には揮発性もあり、家の中に蔓延してしまいます。

そして、せっかく建てた新築の住宅が重大な病気を引き起こして、住めないからだにしてしまうのです。

新築だけに限ったことではなく、賃貸アパートや既存住宅のリフォームでも起き得ることなのです。

そうなったときにどうすればいいのでしょうか。

ローンもある。

病気になった。

家を引っ越すことはできない・・・。

何のために家を建てたのでしょう。

改善の方法としては換気をするということがあります。

国は、台所とトイレと浴室から排気をし、各居室に吸気口を取り付けるという24時間換気を義務付けました。

これはしかし、24時間電気が入りっぱなしなのでもったいないとスイッチを切ったりする人もいるし、実際のところこんな微量の換気では役に立たないのだろうと思うのですが。

やはり新築を考えたときにはすべてではなくても健康住宅の要素を取り入れて少しでもからだにやさしい家造りをしたいと思います。

家族のためにもなりますが、せっかくの家造り、こんなところで躓きたくはないものです。

Tags:
Posted in 未分類 | Comments (0)

健康住宅について

8月 10th, 2010

最近注目されている健康住宅ですが、シックハウス症候群の人だけでなく、アレルギーや喘息を持っている人にも効果があるといわれています。

そもそもシックハウス症候群の発症は花粉症の原理にも似ているといわれています。

これは体内の許容量をビーカーにたとえて、そのビーカーがシックハウス症候群の許容量を超えてしまうと発症するというものです。

花粉症もそんな風に言いますね。

そして一度発症するとなかなか完治しないのも似ています。

でも、症状を抑えることはできるのでそれに対しての対処療法をしていくことになります。

その際にこの健康住宅が役に立つのです。

そもそもシックハウス症候群の原因は新築の際に使われる建材に使われている合成接着剤から出る化学物質が原因になっています。

なので家を新築したときにするいわゆる新築の香りに反応してシックハウス症候群を発症する人は少なくありません。

そして、それが重症化すると「化学物質過敏症」になってしまいます。

これはシックハウス症候群よりも重症で外を歩くこともままならない人もいます。

そうなると新築の住宅から出る化学物質だけでなく、街中にあふれる化学物質と戦わなくてはなりません。

大変です。

そんな人にも安心して暮らせるようにと考え出されたのが「無添加住宅」です。

無添加住宅は化学物質を一切使わない家として兵庫県で設立され、全国に代理店があります。

調べてみるときっと近くにもあると思います

この家は見る価値がありますよ。

Tags:
Posted in 未分類 | Comments (0)