注文住宅 家造り

最近の投稿

アーカイブ

おすすめリンク

タグ

2019年12月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

Posts Tagged ‘キッチン’

キッチンに腰壁

4月 28th, 2016

我が家のキッチンは対面式のI型キッチンです。吊り戸棚をなくし、換気扇部分は耐熱用のガラスを貼り、リビングやダイニングとの一体感にこだわりました。最近ではキッチンからフラットに伸びるカウンターにしてフルオープンキッチンが人気ですが、我が家はあえて腰壁を設けました。

吊り戸棚や換気扇部分を壁にしなかったことで、LDKの一体感はしっかりと得られています。腰壁を設けたことでキッチンの手元部分をしっかり隠せます。フルオープンキッチンも大変魅力的なのですが、手元部分がリビングやダイニングから丸見えになるのが私には抵抗がありました。きれいに片付いている時は魅せるキッチンとして存在するのですが、調理中や調理後のキッチンが片付いていないキッチンまでも丸見えになってしまうので見た目にもいいものではありません。

そこで腰壁があると手元部分を隠せるのでキッチンが片付いていなくてもリビングやダイニングからの視線が気になりません。またこの腰壁を設けたことで壁の厚みを利用したニッチを設けることができました。キッチン側には調味料入れのニッチを設けました。作業スペースに調味料が並んでいないのでスペースを広々と利用できていますし、キッチンの見た目をスッキリとしてくれています。

そしてダイニング側にも飾り棚としてのニッチを設けています。食事をするダイニングのアクセントにもなり華やかさを与えてくれているのです。そしてこの腰壁にカウンターを設けました。お茶をしたり、パソコンをしたり、スタディコーナーとしたり多目的に使用できるカウンターがあることで、キッチン周りをより充実させることができました。自分にぴったりのキッチンスタイルを取り入れ、家事を楽しみながら行えるようにしましょう。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

キッチンスタイル

3月 21st, 2015

住宅のテイストが多様化しているように、キッチンのスタイルも多様化しています。
その中で現在一番人気のキッチンスタイルは対面式のフルオープンキッチンです。
このスタイルのいいところはキッチンとダイニング・リビングをより一体化して空間に繋がりを持たせることができることです。
一体化することでキッチンの存在もより身近に感じられます。キッチンに人が集まるようになると思います。

また子育て中のママにとってもこのスタイルは子育てしやすい環境と言えるのです。
キッチンで家事をしながらリビングやダイニングにいる子どもの様子を確認することができます。親も子どもも互いの存在を確認しやすいので安心度が高まるのです。

従来は壁付けのキッチンが主流でした。
家事の邪魔をされたくない、集中して一人で料理をしたいという人にとってはいいキッチンスタイルですが、孤独を感じるという印象を持つ人も多いのです。
家族と会話もしにくく、キッチンに立つ時間はいつも一人ぼっちという気になってしまうのです。
また小さい子どもを抱える家庭では子育てしにくいキッチンスタイルと言えるのです。
キッチンにいる時間も家族と顔を見てコミュニケーションが取れる、家族の繋がりを感じるキッチンにしたいのであれば対面式のフルオープンキッチンは最適だと思います。

自分に合ったキッチンスタイルを選び家事を楽しみながら行いたいものです。
またキッチンスタイルを選ぶのと同時にキッチンの収納にも着目して家事を効率よく行える環境にもしておきたいものです。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)