注文住宅 家造り

最近の投稿

アーカイブ

おすすめリンク

タグ

2019年12月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

漆喰

6月 19th, 2018

ここ数年、シックハウス症候群が問題となり、土や石などの自然素材を使った塗り壁が人気を高めています。塗り壁の中でも石灰を主原料とする漆喰を我が家の新居では取り入れました。

壁を選ぶ際、つい見た目のデザイン性ばかりが注目されてしまいがちです。最近ではほとんどの住宅でビニールクロスが取り入れられています。デザインやカラーバリエーションが豊富である上に、安価な価格、そして手軽に張り替えることができる魅力から取り入れられることが多いのです。

しかし、合板や壁紙に使われる化学物質が引き起こすシックハウス症候群が問題となっています。せっかくの新居を設けても、そこに住む人の健康を損なってしまうような住まいとなってしまっては意味がありません。家造りは素材にもこだわって進めていきたいものです。漆喰の魅力は、耐火性が高いことが挙げられます。

そして、「呼吸する壁」とも言われるほど調湿機能に優れています。室内の湿度が高い時は空気中の水分を吸収してくれ、逆に乾燥していると水分を放出してくれるのです。そのため一年を通して室内の湿度を快適に調整してくれ、住まいの快適性が高められるのです。また、漆喰壁の内部は強いアルカリ性のため、カビや細菌の発生を抑える効果があります。気密性が高い最近の住宅に起こりがちな結露の発生を抑える効果も期待できます。人体に悪影響を与えると言われるホルムアルデヒドを吸収分解してくれる機能もあるのです。

ビニールクロスに比べると漆喰は少々割高な素材ではありますが、それだけ魅力の高い素材であるため予算に合わせてビニールクロスや漆喰を取り入れるといいと思います。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

Comments are closed.