注文住宅 家造り

最近の投稿

アーカイブ

おすすめリンク

タグ

ガラス キッチン サッシ トイレ トステム ニッチ マイホーム マンション ランニングコスト 中庭 住宅展示場 健康住宅 光熱費 収納 土地 家具 家造り 寝室 建売住宅 建築コスト 戸建て 業者 注文住宅 洗面室 漆喰 火災保険 照明 玄関 税金 費用 賃貸 間取り 防犯 DIY

 

2018年11月
« 9月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

スタディーコーナー

3月 8th, 2017

最近では、立派な学習机を購入するよりもリビングやダイニングの一角にスタディーコーナーを設ける家庭が増えています。二階に設けた自室で一人でこもって勉強するよりも周囲に生活雑音があった方が勉強に集中できるという人も多く、分からないところや質問したいことがあれば、近くにいる親に気軽に質問ができることで勉強がよりスムーズに進めやすく、親子のコミュニケーションも大事にできるのです。一人でこもって勉強するよりもこちらの方が子どもの学力を向上させるとも言われています。

リビングにスタディーコーナーを設ける際にフラットな空間にするのではなく、床に高さを設けて小上がりにしたり空間の繋がりを大事にしながらもメリハリを大事にした空間造りをするのもいいでしょう。リビングとの視線を緩やかにカットできるようにほどよい高さの腰壁を設けて、より集中力を高めたスタディーコーナーにするのもいいでしょう。多くは建物の空間に合わせてカウンターを造り付ける家庭が多いです。壁に取り付ける方が間取りを広くとることができますし、空間にスッキリと収まるため室内の印象に統一感を高めてくれます。パソコンを利用したり、スマホを充電することを考えコンセントを多めに用意しておくのもいいでしょう。

子どもにとって最適のスタディーコーナーのようにも感じられますが、親にとってもキッチンで家事をしながら子どもが勉強している姿を確認できることで安心できます。宿題のチェックもしやすいですし、家事の手を止めなくて済むというのも大きなメリットです。スタディーコーナーを設けて子どもがよりよい環境で勉強できるようにしましょう。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

Comments are closed.