注文住宅 家造り

最近の投稿

アーカイブ

おすすめリンク

タグ

2019年10月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

住まいの中心

7月 24th, 2016

住まいの中心的スペースは、一階のLDKです。家族が長時間過ごしますし、お客様を招き入れる場所でもあるだけに、より広く、明るく、オシャレで開放感溢れた空間にしたいものです。そこで最近ではリビングを20帖以上広く確保し、リビング内に和室スペースを設ける間取りを採用している家庭も多いです。和室では子ども達が遊ぶスペースや昼寝スペースなどに日々使用し、和室がより身近なスペースとなっているのです。

キッチンから和室にまでしっかり目が届くことで、子ども達の様子を確認しながら家事を安心して進めることができます。普段は和室との境の建具をオープンにしておけばリビングにより広さや開放感をプラスできます。リビングにより広さや明るさ、開放感を増すには吹き抜けを取り入れるといいでしょう。高い位置に設けられた窓からたくさんの明かりを採りこみ、また視線が二階にまで繋がることで面積以上の広さを実感できるのです。

また、リビングの先にウッドデッキを設けたりテラスを設けることで、より明るさや開放感を与えてくれます。大開口の窓を設置し、壁面を少なくすることで庭の景観を楽しむことができ、ロケーションによっては外の景色が絵画のようにも感じられ室内からの楽しみ方に幅を広げてくれます。人が集まる場所であるリビング・ダイニングは物も集まってきます。物がきちんと片づけられるようにリビング収納も充実させておきましょう。物がしっかり片付くことでスッキリと快適性の高い空間が広がります。住まいの中心となる空間にはこだわった空間造りをしましょう。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

Comments are closed.