注文住宅 家造り

最近の投稿

アーカイブ

おすすめリンク

タグ

2019年10月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

キッチンに腰壁

4月 28th, 2016

我が家のキッチンは対面式のI型キッチンです。吊り戸棚をなくし、換気扇部分は耐熱用のガラスを貼り、リビングやダイニングとの一体感にこだわりました。最近ではキッチンからフラットに伸びるカウンターにしてフルオープンキッチンが人気ですが、我が家はあえて腰壁を設けました。

吊り戸棚や換気扇部分を壁にしなかったことで、LDKの一体感はしっかりと得られています。腰壁を設けたことでキッチンの手元部分をしっかり隠せます。フルオープンキッチンも大変魅力的なのですが、手元部分がリビングやダイニングから丸見えになるのが私には抵抗がありました。きれいに片付いている時は魅せるキッチンとして存在するのですが、調理中や調理後のキッチンが片付いていないキッチンまでも丸見えになってしまうので見た目にもいいものではありません。

そこで腰壁があると手元部分を隠せるのでキッチンが片付いていなくてもリビングやダイニングからの視線が気になりません。またこの腰壁を設けたことで壁の厚みを利用したニッチを設けることができました。キッチン側には調味料入れのニッチを設けました。作業スペースに調味料が並んでいないのでスペースを広々と利用できていますし、キッチンの見た目をスッキリとしてくれています。

そしてダイニング側にも飾り棚としてのニッチを設けています。食事をするダイニングのアクセントにもなり華やかさを与えてくれているのです。そしてこの腰壁にカウンターを設けました。お茶をしたり、パソコンをしたり、スタディコーナーとしたり多目的に使用できるカウンターがあることで、キッチン周りをより充実させることができました。自分にぴったりのキッチンスタイルを取り入れ、家事を楽しみながら行えるようにしましょう。

Tags:
Posted in 住宅 | Comments (0)

Comments are closed.